ケニア,暮らしとうつわ

ケニア在住。器をつくったり、直したりしています。 2歳3歳の姉妹、夫と4人暮らし。

ダンガーヌの優しい家

Danganeでお世話になったのはAirbnbで見つけたこのお宅。

旅先で泊まる宿がアタリだと嬉しい。行き先が自由な今回の旅では、旅先でしたいことや見たいものよりも泊まりたい宿はどこかで旅程を組んだ。もともと、宿がハズレでも寝られればいい無頓着なタイプなのだけれど、小さな子どもを連れた旅では宿の良し悪しは旅の満足度をかなり左右すると思う。子連れでは観光もなかなか思うようにはできないし、子供達は日中昼寝もするし、何より私も休みたい。宿で過ごす時間が長くなる。

今回、Airbnbで見つけたのは、セネガル人の奥さんとフランス人の旦那さんのカップルのお家。到着してすぐマングローブツアーに行きたいんだという私たちに、奥さんのファトゥは「今はまだ暑いからお昼ご飯を食べてお昼寝して16時くらいから行けばいいよ」とツアーの手配をしてくれて、お昼ご飯を作ってくれた。親戚のおばさんの家に遊びに来ているよう。

ご飯を作るファトゥ

美味しいごはん

子供達はここでも人見知りっぷりゼロ

ご主人に遊んでもらう

お母さんにすっかり懐く

ここでも砂だらけ

飼っているヤギを見学

オムツ丸出しで近所の商店まで近所の雑貨商店 

庭で果物を収穫

1泊だけなのが惜しくなる良いお家でした。