ケニア,暮らしとうつわ

ケニア在住。器をつくったり、直したりしています。 2歳3歳の姉妹、夫と4人暮らし。

セネガルで手に入れられる子ども用品、持ってきて役に立っているもの

卒乳した1歳と2歳とのセネガル生活で、基本的なものを手に入れるのに困ることは今のところ無い。

・オムツ  スーパーにも町の雑貨店にも売っている。見かけるのはテープタイプが多い。よく使っているHAPPIXは60枚入りで5000CFA=1000円。値段が高いとのことで、地元の人はオムツはあまり使わないよう。

メーカーは豊富

いつも使っているHAPPIX 日本のものより吸水性は悪い。少しほっとくと漏れる。

パンパースもあるけれど、HAPPIXに比べ値段は倍。しかし、なぜか作りがどうも貧弱で(日本で売られているものと質が全然ちがう)、どうやっても毎度漏れてしまう。しかも、丸めた後に止めるテープが付いていないので、もっぱらHAPPIXを愛用中。

町の雑貨店でも扱っている 

・おしりふき スーパーにも町の雑貨店にも売っている。300円くらい。日本の無臭のものと比較すると香料がすごい。

初めは匂いにびっくり

・洋服、靴 スーパーにも、道ばたにも売っている。マルシェジュディという移動市場では、良い子供の服や靴が次々見つかる。

 

一方で、ダカールではあまり見つからず(頑張って探せばあるのかもしれない)、日本から持ってきておいてよかったなあと思う子ども用品もある。

 ・ストローマグ   いちばんはこれ。水筒はあるけれど、ストローがついた質の良い水筒はなかなか発見できない。

・ポカリの粉 具合が少し悪いときや熱が出た時、水分補給させたい時に便利。

・子供用のシロップ風邪薬 子供が少し調子が悪い時のおまじない用に。

・子ども用日焼け止め 

・帽子

 この程度しか思い浮かばなかった。住めば都を実感中。