ケニア,暮らしとうつわ

ケニア在住。器をつくったり、直したりしています。 2歳3歳の姉妹、夫と4人暮らし。

子どもの変化

日本にいるとき、私の友だちが部屋に遊びに来ると、長女は友達が家に来てから帰るまでの数時間、ひとっ言も喋らず私にくっついていて、この子は人見知りだねえ、こういう性格なのかななんて思っていた。 セネガルに来てしばらくの間、親無しでは遊べなかった…

ガンディオールの家、サンルイ町歩き

ガンディオールで泊まったこの家、子供と過ごすのに最高の家だった。 Voir sur AirbnbJolie case familliale en bord de plage 映画のセットのような家すぐそばに海 朝ごはんは近くの村で売っているパン、フルーツ。 セネガルのバゲットは美味しい 子供達は…

ガンディオール村までドライブ

ちょこっと家族の仕事、ほとんど観光でSaint-Louis(サンルイ)に向かうことになった。 サンルイの素敵なホテルが満室だったので、Airbnbでサンルイ近くの Gandiol(ガンディオール)村の外れに建つ家を予約する。 ダカールからサンルイまでは車で5、6時間 …

ダンガーヌの優しい家

Danganeでお世話になったのはAirbnbで見つけたこのお宅。 Voir sur AirbnbChez Fatou et Gégé , logement chez l'habitant 旅先で泊まる宿がアタリだと嬉しい。行き先が自由な今回の旅では、旅先でしたいことや見たいものよりも泊まりたい宿はどこかで旅程を…

マングローブツアー

Fimelaを後にして、次の町Dangane(ダンガーヌ)へ。Fimelaと同じ河に面したこの町ではマングローブツアーに行ってみることにした。昼前に宿にチェックインした後、宿の奥さんにマングローブを見に行きたいというと、ツアーの人につないでくれた。16時にマン…

セネガルでいちばん大きなバオバブの木と、カニ

今日は、サリーからFadial(ファディアル)に寄って、Fimela(フィメラ)へ向かう。 前々日にサリーのスーパー前で出会ったタクシー運転手さんにダカールまで乗せていってもらう約束をしていたのだけれど、予定を変更してFadial、Fimelaに行きたいことを伝え…

リゾート サリーに2泊

ダカールから気軽に行けるというビーチリゾートSaly(サリー)に行く。 サリーへは、滞在しているワッカムから車で2時間ほど。バスで行くことが多いらしいのだけれど、スペースの余裕がない&時間が余分にかかるバスでの移動は子連れには厳しい。タクシーで…

フランス語の進展

12月半ばから始まった週3回、1回2時間の個人フランス語レッスンは、クリスマス休暇も挟みつつ今日で終了。計19回行った。 授業は進んだと思ったら戻ったり、フラ語よりも英語を喋っている時間が多いな?と思う日もあったり、途中これでいいのかと思うことも…

移動市場のこと マルシェジュディ

marche jeudi (木曜の市場)は名前の通り、木曜日にだけ開く市場のこと。いつもはバスが止まっている広場が毎週木曜日に市場に変わる。 朝はこんな感じ 大きな包みの中に商品が入っている。 10時頃には、テントがぎっしり。 ぎっしり並んだテントの下には、古…

ンゴール島へ

ダカール本土から北にちょこんと離れたところにある島、Ngor(ンゴール)に遊びにいく。 ダカール本土の浜辺へ ンゴール島にむかう船に乗るために海の中へ セネガル本土から乗り合い船で5分。あっという間にンゴール島に到着。 島を適当に1周してみる。細い…

娘のワンピースを仕立ててもらう

自分のスカートで大体こんな感じかと掴めたので、今度は娘のワンピースをつくりにいく。 今回はこんなイメージ。やっぱりピンタレストから。 娘、緊張の採寸 仕上がりは1週間後。 そして、1週間後取りに行く。「ごめん、明後日きて。」さて、その明後日「来…

保育園入園から2か月弱

11月末から通い始めたセネガルの保育園。クリスマス休暇に入る前まで午前中から15時頃まで預けていたけれど、年明けからは午後まで預けるのをやめて13時までにした。それもあるのか、単に時期的なものなのか、「ほいくえん、いや」と、ことあるごとにつぶや…

仕立て屋さんでロングスカートを仕立てる 

スカートを仕立ててもらうために仕立て屋さんに行く。 マネキンの奥が仕立て屋さん 身体の採寸をしてもらい、イメージ図を見せる。 イメージ図 ピンタレストから スカートの仕立て代は1枚5000CFA=1000円。前払いでも後払いでもいいと言われたので先に払う。…

.娘、鉄の扉に手を挟む

2歳娘、今度は鉄の扉に手を挟んでしまった。指が膨れている。折れてしまったのかと青ざめる。 タクシーで慌てて病院へ。前回、意思疎通がうまくはかれなかった経験から、海外旅行保険会社に電話し、病院に行くこと、通訳を付けて欲しい旨を伝える。それから…

アフリカ布を買いにいく

アフリカ布は色も図柄も大胆で美しい。町を行き交う女性たちの多くは鮮やかなアフリカ布を身につけている。若い人だけでなく、どピンクや黄緑色のワンピースを着ているおばあちゃんもざらにいる。もちろん、風土が違うのだけれど、日本で無難な色の服ばかり…

クリスマスの子連れヨーロッパ旅Tips

10日間のヨーロッパ旅行が終わった。スタート(ミュンヘン)とゴール(ヴェネチア)だけ決めて始めた旅行、終わってみるとドイツ(ミュンヘン・ニュルンベルク)、オーストリア(リンツ・ザルツブルク)、イタリア(ヴェネチア)、ポルトガル(リスボン)の4…

クリスマスのヨーロッパ旅行

セネガルでクリスマスを過ごすつもりだったけれど、ムスリムが多いセネガルでは、クリスマスはそれほど派手にやらないらしい。アフリカとヨーロッパは近く、飛行機代が結構安いとの噂。せっかくだから、ヨーロッパのクリスマスマーケットを見に行くか、とい…

保育園の面談

保育園入園から3週間ほど経過した。9時からお昼をはさんで15時頃まで預けている。 長女は毎朝保育園の入り口で大泣きしている。入園したての頃、大騒ぎしている長女を見て「大丈夫、大丈夫、クラスメイトの新しく来た子も大泣きしていたけれど慣れたから」と…

動物園へ

ダカールの動物園 Le parc forestier et zoologique de Hann に遊びに行く。 大きな敷地の中に動物園があるようで、入り口はどこかなとまごまごしていたら、「動物園はこっちだよ、ここに勤めているんだぜ」と通りかかった男の人が声をかけてきた。そのお兄…

フランス語の授業が始まった

子どもたちと過ごしているときは常にマルチタスク、思考も目線もあっちこっち。自分がやりたいことをやるのは難しい。子どもたちが保育園に行ってくれている間に受けるフランス語の授業は、1つのことに100パーセント集中できる、贅沢な時間だ。子供が生まれ…

フランス語の先生さがし

言葉がわからず、お金を持たないと社会との接点はだいぶ無くなる。セネガルに到着してから、公用語のウォロフ語もフランス語もわからない、言葉がわからないから人とのやりとりやお金の支払いを夫に任せるという生活が続き、それはそれで楽ではあったのだけ…

和心で過ごす毎日のこと

4か月間のセネガル滞在中、日本食レストラン&宿『和心』にお世話になっている。ここに滞在していなければ、家族でアフリカで過ごすことへの印象は全く違うものになっていたかもしれない。 『和心』外観 4ヶ月間にわたり、2階にある離れの個室を使わせてもら…

娘、手に火傷を負う

2歳娘が手に火傷をしてしまった。お風呂のお湯を沸かし終わった後のガスコンロに触れてしまった。 お湯を沸かしているガスコンロ 娘は大泣き。慌てて冷やす。小さい子供がいる以上、体調崩して1度や2度病院に行くだろうなと思っていたけれど、まさか怪我させ…

セネガルの保育園に入園

1歳、2歳と1日中過ごすと何をやるでもないのに激しく消耗する。やってほしくないなーってことや、どうしてこんなことをした?ってことを見事にやってくれる1歳、2歳。思い通りに事が進まなくて癇癪を起こす1歳と、やることなすこと母と共有したい2歳。アフリ…

セネガルで手に入れられる子ども用品、持ってきて役に立っているもの

卒乳した1歳と2歳とのセネガル生活で、基本的なものを手に入れるのに困ることは今のところ無い。 ・オムツ スーパーにも町の雑貨店にも売っている。見かけるのはテープタイプが多い。よく使っているHAPPIXは60枚入りで5000CFA=1000円。値段が高いとのことで…

生活を整える、セネガルのスーパー

数か月の生活に必要な雑貨を買いに行く。車で20分ほどのところにあるHypermarchés Exclusiveへ。 Google Maps ダカールのドンキ 当面の生活に必要な諸々を揃える。電気ケトル(毎朝のコーヒーやお茶、水筒の消毒など多岐にわたって活躍)、アイロン(皮膚蝿…

セネガルの風景

黄土色の地面と真っ青な空に、庭から下がるブーゲンビリアや人々の着る服の色が映える。頭に大きな荷物を載せて歩いていく女の人、道端でたむろする男の人たち、荷台を引く馬、ボロボロの車。はじめて見るセネガルの風景は、私が無意識に持っていたアフリカ…

フライングしてセネガルへ

次の春から夫の仕事でケニアに移り住むことが決まった。春が来るのを待つ間、フライングして、アフリカに4か月だけ滞在することにした。せっかくならばフランス語の勉強ができるフランス語圏のアフリカ諸国に、その中でも住みやすそうということで滞在先はセ…